生産工場紹介

旭ポンズができるまで

仕込み

まず、旭ポンズのもととなるダシを仕込みます。
ここで煮出されたダシが、ポンズの旨みを決めます。
何事も、最初が肝心なのです。

写真:仕込み

調合

仕込みで抽出した旨みたっぷりのダシに、
醤油や塩などの調味料、柑橘類の果汁を調合します。
先代社長が考案した独自の調合工程が、
旭ポンズを完璧な味に仕上げるのです。

写真:調合

消毒

旭ポンズを皆様に安心して召し上がっていただけるよう、
ビンは充填前に洗浄・消毒し、充填後も熱による滅菌処理を行います。
私たちは、美味しさは安心からも生まれるものだと考えています。

写真:消毒

充填

出来上がった旭ポンズを、ビンに充填していきます。
充填されるのは、もちろん私たちが完成品と認めた旭ポンズのみ。 ビンの中へたどり着くのは、いわば完璧な仕上がりの旭ポンズだけなのです。

写真:充填

打栓

旭ポンズのビンは、業務用の1800mlだけでなく、
一般用の360mlボトルも王冠で封をします。
最近はプラスチックのプルトップも増えていますが、
味移りしないよう、あえて今も王冠を使い続けています。

写真:打栓

出荷

封をした旭ポンズは、ケースに入り出荷されます。
出荷の時には、「皆様に美味しく食事を食べていただきたい」
という想いでいっぱいになります。

写真:出荷

製造工程

一 仕込み、二 仕込み、三 充填 四 打栓(王冠)、五 消毒、六 打栓(キャップ) 七 ラベル、八 箱詰め、九 出荷
このページの先頭へ