沿革・歴史

厳選素材

旭食品は、そうめんやうどんなどの乾麺を製造する食品加工会社から始まり、その後、そばつゆやうどんだしの製造も行うようになりました。つゆなど夏場に需要のある商品が多いため、いつしか旭食品では「一年を通じて利用される商品の開発」が次なる目標となっていました。

そこで先代の社長が目をつけたのが、「ポン酢」でした。
ポン酢は冬には鍋物のつけダレとして、夏にはさっぱりした和え物の調味料として一年中活躍します。

さっそくポン酢の商品開発となり、幾度にも渡る試作を繰り返し、研究が続けられました。
ポン酢の味を最大限に引き立てる素材は何か、調合の配分はどれくらいか、先代社長の並々ならぬ熱意と努力が結実し、昭和42年に、今の「旭ポンズ」が完成いたしました。

旭食品にはその昔、ポン酢の調合用につかっていた、小さな天秤があります。(上部写真)
日々この天秤をつかい、味の向上を目指し研究を繰り返すなか、絶妙な素材どうしのバランスを計算し旭ポンズの味を整えたといわれています。今は古びたこの『旭ポンズの天秤』、これこそが旭ポンズの起源そのものなのです。

現在も旭食品は、先代社長の研究成果である【味】を守り続けながら、製造を続けています。
先代社長の努力を間近で知る『旭ポンズの天秤』。
この天秤に込められた想いを忘れることなく、これからもお客様の求める最良の商品を追求してまいります。

1948年(昭和23年) 太子乾麺所創業。義兄 塩川勘治朗氏と共同経営。
製粉、干うどん、そうめん、精米、製麦、はったい粉、麦茶、豆粉、等賃加工。
1950年(昭和25年) 中河綜合企業組合(理事長 林 左三士氏)へ加入。
第122事業所主任 高田 耕治。
1953年(昭和28年) 旭食品に商号変更。生中華麺、蒸籠蒸揚喜麺製造。
秋には、籾摺賃加工。
1958年(昭和33年) 冷やしだし三角型ビニール袋入製造。
うどんだしの素10倍用、そばつゆの素3倍用製造販売。
1965年(昭和40年) 酢の研究、各種原料の調合。
1966年(昭和41年) ポン酢の研究、各種原料の配合等。
1967年(昭和42年) 旭ポンズ製造販売。
スダチ、ユコウ、ユズ、利尻昆布、椎茸、かつお、天然原料使用。
中華スープの素製造。
1975年(昭和50年) 新工場 鉄骨3階建完成。
1989年(平成元年) 株式会社 旭食品設立届出。
中河綜合企業組合解散(理事長 川畑 正太郎氏)後、中河綜合青色申告会発足。
株式会社 旭食品営業。
1992年(平成4年) 新工場 鉄骨5階建完成。
1995年(平成7年) 跡部倉庫鉄骨1部2階建完成。
このページの先頭へ